FC2ブログ
2020 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 06

GREEN瀬戸さんライブ

9月30日、
GREEN瀬戸さんがキーボードを務めている、JEFF SATOさん率いるバンドのライブを見てきました。

>>>>>
第一部 : 19:30~ (50分)
 ジェフ・ベック・トリビュート
JEFF SATO group
  JEFF SATO - guitar
  TAK FUJISHIRO - bass
  ISAWO SHIMIZU - drums
  KUNIHIKO SETO - keyboards
演奏予定曲 : Led Boots / Behind The Veil / People Get Ready etc.
>>>>>
第二部 : 20:30~ (50分)
 ベック・ボガート・アピス・トリビュート
BBQ
  JEFF SATO - guitar & vocal
  GOLDMAN SASAKI - bass
  SABURO KONDO - drums
演奏予定曲 : Livin' Alone / Sweet Sweet Surrender / Lady etc.
>>>>>

 瀬戸さんは、一部にのみ出演です。やっぱり、ロックは良いねぇ、、、、。
 今回は、しっかり写真を撮ろうと一眼レフを持って行きました。細長い店内の一番前に座ったら、18mmの広角でも全員を入れるのが辛かった。

 JEFF SATO group
090930FEN

090930FEN01

090930FEN02

090930FEN03

090930FEN04
2009..01 音楽 ライブ comment2 trackback0

うたち(U-TA-CHI)

昨日、町田の WEST BOX に大学の先輩バンドうたち(U-TA-CHI)のライブを見に行きました。

ん~、すごく良かった。やっぱりロックはいいねぇ~、、、。という事で写真です。
観客にもインパクトのある人がいっぱいいたので、写真撮ればよかったかな。

090727うたち
090727うたち (1)
090727うたち (4)
090727うたち (3)
090727うたち (5)
2009..26 音楽 ライブ comment2 trackback0

F.E.N.のライブ見て来ました

 始めて行った「公園通りクラシックス」は、入口が地下の駐車場の出入り口を降りて行った右にあった。駐車場入り口の壁に小さな看板があったが、通常駐車場へのスロープは「危険歩くな」などと書いてあり別に歩行用の階段があるので、通り過ぎて入口を探したが、それらしきものは無い。戻ってスロープを下りて行くと、右の壁にもうひとつ看板があり、そこを右に曲がるとスチールの扉があった。「楽屋口かな」と思いつつのぞくと、右に受付のカウンター。ん~、ホームページに場所の説明がもう少し欲しい。
 最前列には誰も座ってなかったので、「座っちゃいけないのかな」と思いつつ、最前列の瀬戸さんのキーボードの前に座った。ステージと客席の高さが一緒なので、目の前2メートルしか離れてない。「こんな至近距離で見られたら弾きにくいなぁ」「キーボード動けないし」と同情しつつ、「まぁ、瀬戸さんだから問題ないか」と思いつつ、、、、。
 JEFF SATO さんの音楽は、僕の中学の時にレッド・ツェッペリンを聞いてから、ディープ・パープル→B.B.A.→、、、という流れにぴったり合うので、瀬戸さんの参加しているバンドで一番好きです。ピアニカも好きですが、、、。

写真は撮らなかったので、瀬戸さんの掲示板からコピーしました。
090204FEN
2009..05 音楽 ライブ comment2 trackback0

green瀬戸さんのライブ

 green瀬戸さんがキーボードで参加。
 2月4日水曜日、19時開場、19時30分開演です。 当然、見に行きます。
>>>>>
■出演 : F.E.N.
 JEFF SATO, GOLDMAN SASAKI, ISAWO SHIMIZU, KUNIHIKO SETO
■場所 : 渋谷、公園通りクラシックス
>>>>>
090131JEFF SATO 
写真はJEFF SATOさん、、。
演奏は、名前のとおりジェフ・ベックの曲が多い、、、ということは、瀬戸さんは、ヤン・ハマー、、、お~。
2009..31 音楽 ライブ comment1 trackback0

アントンスタジオに行ってきました

18日は、瀬戸さんの同僚の糸日谷さんがアントンスタジオに出るから、友情出演で前座をやるというので、アントンスタジオまで見に行きました。
場所は、上野。ポコメロから、電車でちょうど1時間。しかし、自宅まで帰るには10時に出ないと終電に間に合わないので、最初の3人だけを見て帰ってきた。よかった、瀬戸さん前座で、、、。
糸日谷さんは、自作の弾き語り。ネット上で聞いたときも「やるなぁ~」と思ったが、生で聞くともっと「やるなぁ~」という感じでした。欲を言うと「歌詞の内容が頭に入ってこない、、、」かな。
最後に聞いた、三平さんのブルース弾き語り。歌、ギターともにはまってしまいました。久々に聞いたハードなギター、絃ははあくまで硬く、指は直角。

081218アントンスタジオ


2008..19 音楽 ライブ comment3 trackback0

NOROさん

8月17日、NOROさんのライブを見に行く。

会場は、つくばの EAST OF EDEN 。開演は、21時から。
ということで、19時50分ごろ出かけた。間に合わないかな、と思ったが、高速を使い50分で着いた。意外と近いじゃないか、つくば。

NOROさんの演奏は相変らず大迫力で、「これは何処行っても受けるなぁ」とつくづく思った。

EAST OF EDENは、アットホームなライブハウスで、とっても気軽に演奏できそうなところだった。あまりに気軽なので緊張感に欠けるかも、、、。
070817NORO

つくばから自宅へま道は、高速を使えないコース。
それでも、1時間10分で着いた。 ポコメロ

2007..18 音楽 ライブ comment2 trackback0

JEFF SATO group

5月22日に瀬戸さんがキーボードをやるというので「JEFF SATO group "JEFF BECK Tribute Special」を見に行った。

場所は、渋谷DUO(デュオ) 「SUPER ROCK TRIBUTE EVENT
LEGEND OF ROCK VOL.21」という企画で、毎回コピーバンドが出演する。今回が、その21回目。コピーバンドではなく、トリビュートと云うらしい。知らなかったなぁ~。

今回の出演バンドは、4つ。
草履ミッチェル (as.ジョニ・ミッチェル) with 法被Hankock (as.ハービー・ハンコック)
MAKIN'LOVE (as.キッス)
JEFF SATO group (as.ジェフ・ベック)
虹の城門 (as.レインボー)
最後のバンドは、終電に間に合わないので見なかった。

最初は、ジョニ・ミッチェルというより、二ナ・ハーゲンといった感じのちょっと不気味系が入ったお姉さんでした。(次はニナ・ハーゲンやってくれないかなぁ)

次のキッスは、衣装もちゃんと作っているし、パフォーマンスもそっくりなので、「がんばるなぁ」と関心してしまいました。ちゃんと盛り上がってくれるお客さんもいて、なかなか面白かった。虹の城門

ジェフ・ベックは、前のキッスがすごい盛り上がりだったので、「辛いなぁ」と思ったが、、、。
一番前に座っていたので、周りがみんなキッスファン。「誰を応援しに来たの」と聞くので「瀬戸さん」と答えたら、「瀬戸さんを応援しよう」という事になり、通常ありえないファン層からの瀬戸さんコール。
「瀬戸さん、けっこうカワイイジャン。」と言うので ??? と思い、「ジェフべック、歌無いの。」と聞くので「無い」と答えた。「歌無かったら、盛り上がりようが無いじゃん。」と言うので !!!!!! と思い、「指に付けている、光るものは何だ。」と聞くので、ボトルネックをどこから説明した良いかと悩んでしまった。
演奏の感想は、「とにかくベース(藤城卓二さん)が良かった。」「すごく良かった。」「佐藤さん、ちょっと省略しすぎ。」「キーボードは、音小さすぎ&ヤン・ハマーの音にして欲しかった。」てな感じです。
藤城卓二

2007..26 音楽 ライブ comment0 trackback0
 HOME 

コメント

電力使用状況

Twitter / 安ど軍曹

 
andgunsoをフォローしましょう

シンプルカテゴリ2階層

サイト内検索

ポコメロ PocoMelo

アマゾンにも出品しています


pictlayer

安ど軍曹へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

安藤昇平

Author:安藤昇平
主な出没地:日光、渡良瀬遊水地、春日部、ポコメロ
携行品:カメラ、ロードバイク、ベースギター

和光大学音楽集団OTO

OBたちのページ


■ OTO home   ■ OTO bbs

コマーシャルリンク

記事の内容に添ったリンクが表示されると云いますが
・・・



ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


後進民族 アイヌ

それは、いとをかし



★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

トラックバック

FC2ブログランキング

リンク

カウンター

管理メニュー

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ